箱庭国際社会のレギンレイブ公国とそれを取り巻く世界について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラーシャ王城の一般公開を開始 etc
今月10日、レギンレイブ公族が暮らすグラーシャ王城の一般公開が開始された。
グラーシャ王城は先王ヴォルフ一世の手によって立てられた華美ながらも実用性を兼ね備えた堅城として知られており、今後深淵にあった公王家の歴史が解き明かされることになりそうだ。
なお、グラーシャ王城は現在も軍事要塞として機能しており、有事の際には首都最後の砦として戦いが繰り広げられると言う未確認情報があるが詳細は不明。ゼークト軍務卿は「その様な事実は一切無い。」と否定した。
グラーシャ王城
グラーシャ王城の北門、「騎兵門」

≪旅客船Schnee号、運行を開始。≫
セントアーク造船所にて建造されていた旅客船Schnee号が完成、運行を開始した。
Schnee号はヴァレー海沖を周遊し、今後は他国への航海も検討されている。
なお、Schnee号建造は海軍創立への布石であると見る軍事専門家が多く、議論を呼んでいるが詳細は一切不明。
Schnee号


~その他各ニュース~
Θアルベニック共和国・エルテメルカーン首長国と国交樹立
Θ三州にて最高委員長壬生氏就任
Θヤードゴニエ社会主義共和国連邦がミサイル基地建設計画を発表


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © レクサス中央通信. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。