箱庭国際社会のレギンレイブ公国とそれを取り巻く世界について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レギンレイブ公国、ニモーディアナ通商連合に加盟etc
18日、国務院国政部のギャランタイン国政部次長がニモーディアナ通商連合(以降NTC)に加盟することを定例報道会で発表した。
NTCは経済協力・安全保障・自由貿易を目的とした連合組織であり、今後の公国の組織内での活躍が期待される。
国政部はレギンレイブ代表団全権をメアリー・シグルーン女史に決定し、今月中にもブラックバードの評議会に代表団17名を派遣する予定だ。
ニモーディアナ通商連合旗

ニモーディアナ通商連合旗

ブラックバード会議場

ブラックバード会議場

≪シオン、三州・オーファンと戦闘開始≫
公国と「姻戚同盟」を結んでいるシオン国が三州・オーファン等からなる対紫有志連合との戦闘を開始した。シオン・三州両国の首都付近では激しい空爆が繰り広げられており、国政部は約70名のシオン人難民を保護した事を発表した。首都レクサスにあるシオン大使館は廃墟の様な静けさを呈しており、現在も特派員が情報を集めている。なお、ゼークト軍務卿は「今回の件に我々は関与しない。シオン国からは多大な支援を受けているが、国民の安全を最優先にせよとの陛下から御指示があった。」と発言した。


首都にあるシオン大使館

首都にあるシオン大使館。全ての窓を締め切り、堅く門を閉ざしている。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © レクサス中央通信. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。