箱庭国際社会のレギンレイブ公国とそれを取り巻く世界について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~公国の興亡~
グラーシャ王城




総務卿
「イヨッ(・ω・)ノ」

一同「おはようございます」

総務卿
「んじゃ、いってみよ~」
農務卿
「先日の大雪でタターロなどの農業地帯が壊滅いたしました。現在失業率は3.15%、支持率も大幅にダウンしております。」
内務卿
「また、568万人がエステルプラッテ共和国に脱出しました。」
総務卿
「暴動が起きなくて良かった・・。素朴・勤勉でこそレギンの民だねぇ」
内務卿
「土地を拡大する為、シュネー海で大規模な埋め立て事業を展開致します。土地はドラグディナビア半島と命名する予定です。」
軍務卿
「西ディルタニアが情勢不安定の為、航空部隊・防空部隊の増設を開始します。」
総務卿
「よし、国内はいまボロボロだがみんなでがんばろう。んじゃ解散」



内務卿
「・・ここからが我が国の正念場ですな。」
総務卿
「なに、俺達ならなんとかできるさ。 白銀公、ソバ喰いに行こっ♪」
内務卿
「・・はっ」
スポンサーサイト
Copyright © レクサス中央通信. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。